Googleアドセンス以外でのタッチ課金型広告【nend】

LIFE

こんにちはEIFERです。

Googleアドセンスを申請途中の方、またドメインなどが認められず、でも広告収益を出したいという人向けで書いていきたいと思います。

スマホ向けの広告 nend

先日Googleアドセンスの審査を通過した記事を書きましたが、アドセンス以外でnendでも広告収益を出すことができます。

nendはGoogleアドセンスと同様で広告がタッチされて収益が発生します。
ざっくりですがnendの特徴をまとめてみました。

メリット

・わりと審査が通りやすい。
・広告を自分で入れたいところに設置できる。
・広告数はそこそこ多い。

・登録が無料

わりと審査が通りやすい

Googleアドセンスに申請した時ほど記事や文字の数は多くありませんでしたが、3記事くらい書いて審査に通りました。

審査はかなり緩めだと思いますが1記事だけ書いて申請したところ見事に不合格のお知らせが届きました。

あとこちらも検索した時に不適切な内容の記事は審査で引っ掛かると書いてあったので気を付けておいたほうがいいですね。

広告を自分で入れたいところに設置できる。

nendは記事の途中に広告コードを自分で貼り付ければあとは自動で掲載してくれます。

ただ僕は以前に毎回記事の間に2カ所広告を貼っていましたが、同じ広告が何度も被ることがあり逆に記事の見栄えが悪く感じたので途中からやめました 笑。

広告数はそこそこ多い。

nendの広告はモバイルブックのものからアプリゲームなどが多く、広告数はそこそこ多いと思いました。

ただGoogleアドセンスと両方使用した方ならわかると思いますが、広告数はやはりGoogleアドセンスの方が圧倒的に多いです。

登録が無料

今nendの登録は無料でできて、審査の申請をしたあとの返答は結構早く返ってくるみたいです。
ちなにみに僕の場合は不合格のお知らせはその日のうちに来ましたが、合格のときは3日くらいかかりました。

理由はわかりません、すみません。

デメリット

・スマホのみ対応
・クリックの単価が安い
・振込手数料が高い

スマホのみ対応

nendの広告はスマホやipadで見ることができますがパソコンでは広告が出ません。
ですが、今はスマホの普及が高まっているのでそこまで気にすることもないと思います。

クリックの単価が安い

Googleアドセンスと比較してnendのクリックの単価は10円~30円と安いです。

しかし広告のものによっては単価も上がるらしく、Googleアドセンスの審査が通らない間などの利用に良いと思います。

振込手数料が高い

nendの指定する銀行以外での振り込みは3万以内で540円、3万以上で756円と高めになっています。

メルカリより高いです…。

利用価値はあり、でも本業では無理

結論、nendの利用価値はあると思いますが本業にしようと思うならGoogleアドセンスがいいと思います。

僕も先日Googleアドセンスの審査が通って昨日初めて広告収益が入りましたが、クリックの単価はアドセンスの方が高めです。

なのでGoogleアドセンスの利用を申請中だけどブログの手を止めたくない方や申請前に練習してみようとか考えている方はnendを活用してみるのもいいかもしれません。

というわけで今回は以上です。
これからも色々挑戦して試行錯誤しながらブログを継続していこうと思います。

とりあえず1度の人生なのでひたすら楽しみます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました