スマホの電池消耗を抑える【スマホを多く見る方向け】

未分類

こんにちはEIFERです。

皆さんスクリーンタイムをご存知でしょうか?

1日にスマホを見た時間やカテゴリー別で見た時間を分析してくれる機能ですが、僕のここ1週間にスマホを見る時間は1日あたり約9時間でした。

そのほとんどはSNSやブログ、ニュース、Youtubeなんですが、最近気になりだしたのはバッテリーの消耗の早さです。

消耗の早さの原因を調べたところ、様々な通信機能がONになっている状態が大きな原因となっていました。

スマホのバッテリー消耗が気になる・スマホを買い替えた人向けに書いていきます。

スマホの平均寿命は2~3年

前回こんなツィートをしました。

スマホのバッテリー寿命はその人の使う頻度によって変わってきますが、一般的に約2~3年と言われています。

買い替えたばかりは新品ゆえに大事に使おうと即ケースに入れてバッテリーの消耗に気を付けようとしますがいつの間にか上記のようにバッテリーの消耗に影響となっていることもあると思います。

無駄な通信機能(BluetoothやGPS)

最近は車やイヤホンで音楽を聴くときにBluetoothを利用することが多いと思います。

よくあるのが、車やイヤホンなどの電源を切った後でもこのBluetoothが通信状態になったままになっていることです。

ほかにはiPhoneを利用されている人で、簡単に画像やサイトを共有するときに使用するAirDrop機能ですがこれもBluetoothを使います。

このBluetoothやGPS機能を使用しないままONの状態にしているとバッテリーの消耗は早くなります。

起動状態時はスクリーンの隅っこに小さく表示されていますが、すぐに気づくことはあまりないと思いますね…。笑

満タン状態からの充電や急速な充電も影響

これは両方ともバッテリーにかける負担が大きいからです。

僕はiPhoneを使用していますが、充電はなるべく早くチャージしたいのでiPadの充電器を使用していました。

一応調べて使用上問題ないと書いてあり、iPhoneの充電器より倍近く早く充電されるので無くなりそうな度に使用していましたが、ケースからたまたま外した時にスマホ本体が熱くなっていることに気付きました。

また充電したまま寝てしまうと、寝ている間に満タンになった後は放電状態なのでバッテリーにダメージを与えてしまうことになります。

重たい通信の発生

これはゲームのアップロードやYoutubeの高画質再生などですが、正直そこまで気にすることはないかなと思います。

ただほとんど残量ない時に使用すると落ちやすくなります 笑

節電効果で寿命を延ばしましょう

節電効果があるのはスマホを使用しないときはスリープ状態にする、または自動スリープの時間を調整する、画面の明るさを調整するなどがあります。
iPhoneの場合だと下記の操作でできます。

・設定を選択
・画面表示と明るさ

とこんな感じで、今回はスマホのバッテリーの節約と寿命について書きました。
スマホ社会になってる今、これで仕事ができるとか本当便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました